新谷弘実博士の実績と経歴

外科医として1960年代に世界初の内視鏡手術に成功をした世界的権威といえば、新谷弘実先生です。病気にならない生き方という著書がミリオンセラーになった事でも有名な医学博士ですね。
これまでに内視鏡検査で30万人以上もの患者の大腸を診て、10万人以上ものポリープ手術に成功をしています。外科医としてアメリカ大統領の主治医になった事もあるなど、日本だけではなく海外でもその功績が認められています。
世界で最も権威と歴史のある医学誌にも医学を変えたと取り上げられたり、アメリカ胃腸内視鏡学会発行の医学誌でもその功績が讃えられるなど日本を代表する名医と言っても過言はないでしょう。

ドクター新谷

 

そんな新谷弘実先生は、1935年生まれで現在80歳を超えていますが、80代とは思えない程に若々しい見た目に驚かされます。今も精力的に執筆活動などをされていますね。
その若さと健康の秘密は、腸にあると言います。現在はdrshinya.comという新谷弘実 公式サイトで腸を健康にする事で、病気にもならず太りにくい若々しい身体を手に入れられると述べています。

医学博士・新谷弘実公式サイト|drshinya.com

 

ミリオンセラーにもなった病気にならない生き方でも、腸内環境の重要さを説いているんですよ。これまでにいくつもの著書を出版されていますが、そのどれもが腸と食事に焦点をあてたものになっています。
そして、食べた物が身体を作るという信念のもと、シンヤ・ビオジマという食事方法を提唱しているのです。

 

シンヤ・ビオジマで特に重要とされているのが、ミラクルエンザイム(酵素)です。シンヤ・ビオジマでは、酵素や補酵素が豊富に含まれ、体内の酵素の消耗を防ぐ為の食事が推奨されています。
食事からだけでは、中々ミラクル・エンザイムを十分に補う事が出来ないため、新谷弘実先生が開発に携わった酵素サプリメントも販売されています。
またこうした酵素生活と共に新谷弘実先生が推奨している健康方法が、コーヒーエネマという腸内洗浄方法です。これにより腸内で発生した老廃物や毒素を体外に排出し、腸相を綺麗にするという効果があります。

 

このような新谷弘実先生独自の健康方法に関しては、賛否両論があり、過去には牛乳を害と見なす考え方について論争が起こった事もあるんですね。
こうした事から、一部では著書に関しての信憑性についても疑いを持つ人々もいるのも事実です。ただ新谷弘実の理論は、彼がこれまで何十万人という患者の腸内を診てきた結果から導き出されたものである事もまた紛れもない事実なのです。
賛否両論はあるものの、実際に新谷メソッドで年齢よりも若々しく80代となった今でも元気な新谷弘実の健康方法は、試してみる価値はあると言えるでしょう。

>>活きた酵素をギュッと凝縮!新谷酵素が特別価格で手に入る!